1.構造解析

1-1.材料特性・強度解析

原子炉の通常運転時あるいは緊急時に発生する大きな外力、あるいは高温状態や高照射状態、経年変化といった様々な条件下における原子炉施設(構造物・材料)や機器の健全性について評価します。

実績:
●伝熱管摩耗評価
●炉心支持板の健全性評価

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●FINAS, ANSYS Autodyn など

1-2.耐震解析

原子力施設や構造物などの地震力に対する耐久性や、模擬地震波による建屋内の機器・配管等の地震応答挙動から安全性を評価するために必要となる解析です。また、実際の加振試験の挙動を詳細解析で再現するなど、耐震解析の信頼性評価も行っています。

実績:
●グローブボックス耐震解析
●原子炉の1次冷却系配管及び補機冷却系配管の耐震解析
●原子炉の格納容器雰囲気調整系配管の耐震解析
●ロングエルボ配管試験体の耐震解析
●高速炉1次/2次主冷却系配管の耐震解析

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●FINAS, ABAQUS など

2.伝熱・流動解析

2-1.プラント動特性解析

原子炉プラントの伝熱特性、制御特性等の過渡応答を、シミュレーション技術により評価します。

実績:
●過渡応答解析
●制御特性解析

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●Super-COPD, MSG, RELAP5 など

2-2.熱流動解析

原子炉プラントにおいて、低温と高温の配管が接続する領域では、流体混合による不規則な温度ゆらぎが発生します。流体混合で生じる温度変化は構造物への熱負荷の原因となるため、流体の混合領域における時間的温度変化、空間的温度分布を適切に評価する必要があります。このような流体の現象を定量的に評価します。

実績:
●サーマルストライピング現象の熱流動解析
●配管・機器内部の熱流動解析
●装置・機器の多次元熱流動解析
●配管内部減肉挙動評価のための流況解析

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●AQUA, Trio_U, ANSYS Fluent, NERGAL, Star-CCM+, NETFLOW++, ANSYS CFX, CONTAIN, ABC-INTG など

2-3.熱伝導解析

高温環境に一定時間さらされた金属材料やセラミック材料の強度等の熱的特性を評価するために、材料の到達温度を解析します。また、原子炉内で中性子照射された材料試験片に対する熱伝導解析を行います。

実績:
●試料の温度解析

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●FINAS, CEDAR, FEVER など

2-4.レーザー加工プロセス評価

高出力ファイバーレーザーなどを熱源とした溶断や溶接等の加工プロセスについて、溶融・凝固の一連の過程を評価するための解析を行います。

実績:
●レーザー溶断プロセスのシミュレーション解析

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●SPLICE

3.核特性解析

3-1.実験・実機解析

原子炉の核設計における精度向上のための解析や、炉心設計の技術基盤を確立するための実験解析や実機解析を行います。

実績:
●高速炉や実験装置(臨界集合体)等の核特性(臨界性、反応度等)解析
●感度係数計算及び感度係数を用いた感度解析による精度評価

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●MVP/GMVP, MARBLE, ORIGEN2, SLAROM-UF, DIF3D, PARTISN, SAGEP-FR, CITATION-FBR, PERKY, TWOTRAN-II, SN-PERT, TRITAC, SN-PERT3D, SCALE, NJOY

3-2.核設計解析

原子炉における炉心設計条件の成立性を評価するための炉心核特性解析を行います。また、環境負荷低減(廃棄物の減容、有害度低減)の観点から、使用済燃料に含まれる放射能の高い廃棄物(マイナーアクチニド[MA])を、核反応を利用し減少させることを目的としたMA核変換炉心の成立性評価のための解析を行います。

実績:
●高速炉の核設計評価
●MA核変換炉心の核特性解析

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●MVP/GMVP, MARBLE, ORIGEN2, SLAROM-UF, DIF3D, PARTISN, SAGEP-FR, CITATION-FBR, PERKY, TWOTRAN-II, SN-PERT, TRITAC, SN-PERT3D, SCALE, NJOY, MOSES, DORT, TORT, NSHEX など

3-3.遮蔽解析

放射線被ばくを防止するために、原子炉施設から外に放射線を放出させない対策が必要です。そのための材料や構造物の放射線遮蔽効果を評価します。

実績:
●WINFRITH-ASPIS鉄実験解析
●照射解析

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●MCNP, DORT, TORT, PHITS, DOORS など

3-4.炉心安全性評価解析

原子炉の過酷な事故・事象を想定したシミュレーションにおいて、溶融した燃料のふるまいによる臨界性を評価します。

実績:
●高速炉の事故事象(UTOP, ULOF, LORL, PLOHS)における臨界性及び反応度解析

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●MVP/GMVP, MARBLE, PARTISN, SLAROM-UF, SN-PERT, SN-PERT3D など

4.放射線量評価解析

4-1.放射線空間線量評価解析

遠く離れた場所やドローンやヘリを使って高空から計測した放射線量を元に、位置情報を用いて測定対象場所の地表の線量を逆算して線量マッピングを表示させる技術を用いて解析し評価します。

実績:
●ドローン搭載計測データから対地1mの線量マッピング
●線源位置の同定評価計算

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●MCNP, PHITS, DOORS など

5.確率論的リスク評価(PRA) /確率論的安全評価(PSA)解析

5-1.高速炉PSA解析

高速炉施設で発生する事故(地震などの自然災害も含む)の発生頻度と発生時の影響の定量評価を行い、安全性の維持や向上のために、どのような安全対策や操作が効果的かに関する情報を得るための解析を行います。

実績:
●高速炉PSA用パラメータ(故障率、共通原因故障パラメータ、ヒューマンエラー確率など)解析
●高速炉の運転時レベル1PRA解析
●高速炉の停止時PRA 解析
●高速炉の炉外燃料貯蔵設備PRA解析
●高速炉の燃料池PRA 解析
●高速炉の地震PRA 解析

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●RISKMAN®

6.連成解析

6-1.高速炉安全評価解析(伝熱・流動-構造-核特性連成解析)

燃料ピンの熱伝導計算(伝熱)、熱流体計算(流動)、熱変形計算(構造)と空間依存動特性計算(核特性)を用いて、高速炉の事故事象推移のシミュレーション解析を行います。

実績:
●高速炉のULOF(冷却材流量減少時に原子炉停止機能喪失)事象に係る解析作業
●高速炉のUTOP (原子炉の過出力上昇時に原子炉停止機能喪失)事象に係る解析作業
●高速炉のPLOHS(冷却材漏洩による除熱源喪失)事象に係る解析作業
●高速炉のPDE(炉心崩壊事故時の炉心膨張挙動)事象解析に係る解析作業
●高速炉の原子炉容器耐衝撃応答に係る解析作業

受注取扱い計算コード・ソフトウェア:
●SAS3D, SAS4A, SIMMER-III/IV, ANSYS Autodyn, Super-COPD など

6-2.燃料ピンバンドル変形・熱流動連成解析(流体-構造連成解析)

燃料ピンバンドル変形解析と熱・照射により変形が生じた冷却材流路を考慮した熱流動解析を交互に行う双方向連成解析により、大きく影響し合う燃料ピンバンドル変形と熱流動を評価します。

実績:
●高速炉の燃料ピンバンドル変形とナトリウム冷却材温度評価

使用計算コード・ソフトウェア:
●BAMBOO, ASFRE-IV など

6-3.熱応答解析(伝熱-構造連成解析)

施設や機器を構成する構造材に温度分布があると膨張量の違いや不連続部・固定点の存在によって歪みと応力が生じ、施設や機器の破損を招く恐れがあります。これを予防するために熱伝導解析の結果である温度分布を、応力解析の入力データとした連成解析を行うことにより、施設や機器の熱応答を評価します。

実績:
●高温・高圧条件下での配管挙動についての高温クリープ解析
●原子炉トリップ時の熱交換器における管板部熱応力解析

使用計算コード・ソフトウェア:
●FINAS, ASFRE-IV など